麻三斤(まさんぎん) - 禅語的日日是好日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻三斤(まさんぎん)

「仏とはどのようなものか」との問いかけに、洞山守初は「麻三斤」と答えた。黄檗は棒でしたたかに打ち据えたし、臨済は「喝」と吼えたのだから、実に非暴力的な答えだ。

かの弟子は安心して「南方には竹藪があるし、北方には森があるのか」とひとりごちたのだろう。

重さ三斤の麻があれば、僧侶のお袈裟一着が作られる。仏とはお袈裟を着ているおまえ自身であり、おまえを離れては存在しない。南方に竹が、北方には木が多いのは自然本来真実の姿であり、おまえにはおまえの仏としての形があり、他の者も同様だ。

 それにしても何故こうも人ごとなのだろう?死ぬのも、苦しみ悩むのも自分なのに、すべて人のことだと思っている。「屁ひとつだって、人と貸し借りできんやないか。人人みな『自己』を生きねばならない。」とは澤木興道老師のことばだが、仏も「自己」のほかにおいてあるわけないやろ!
『景徳伝灯録』巻22。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012-10-19 02:44 | from -

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012-11-22 14:03 | from -

トラックバック

http://zengoteki.blog84.fc2.com/tb.php/25-b834d46a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。