天上天下唯我独尊 - 禅語的日日是好日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天上天下唯我独尊

シッダールタは、生まれるとすぐ十方に七歩ずつあゆみ宣言した。
 「天上天下唯我独尊」と。
 生まれたばかりの赤ん坊の身で、立って歩き、話したのだから、よっぽどこのことを伝えたかったのだろう。
 「世界中で唯一尊いのは自分自身だ」
 そのとおり、スペアのない私は唯一かけがえがない、絶対に尊いものだ。人はみんな違うから尊いのだというが、そんなことはどうでもよい。とにかく、私は私しかおらず、代わりがいないのだ。
 さらに大切なのは、生きものすべてにとって同じだということ。だから、真に自分の尊さがわかっている者は、他の尊さもわかっているはずだ。自分を愛せない者は他を愛せない。他を愛せない者は自分を愛せない。
 だから後にブッダとなったシッダールタは示された。
 「自分を愛するために他人を傷つけてはならない」(『ウダーナ・ヴァルガ』5・18)と。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zengoteki.blog84.fc2.com/tb.php/19-d0f3d628

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。